SSブログ
PICK UP ONE-shot ブログトップ
前の10件 | -

ONE-shot 541 目に青葉。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 541 目に青葉。

0503.jpg
風薫る初夏の候
活き活きとした若葉に包まれた鉄路を
連休でたくさんの行楽客をのせた
“二列車併結”(かいじ+富士回遊)の
特急列車が颯爽と走り抜けてゆく。

列車での移動中も
スマホやタブレットなどを
手放せない方が多いと思われますが
(かくいう私も然りw)
ちょっと車窓に流れる自然風景を眺めると
その優しい緑に目が喜ぶと思います。
グリン♪(o ̄∇ ̄o)グリーン♪


▲24.5.3 中央本線 四方津-上野原



GWの連休中
先日に撮影へ訪れた小海線では
八ヶ岳がきれいに見える好条件だったものの
山あいはまだ冬枯れの木々が目立ち
新緑を望むには早かった印象。
σ(・∀・`)ウーン…
そこで数日後に私はふたたび
初夏らしい新緑風景を求めて中央線を下り
山梨県の上野原(うえのはら)へ赴いてみると
小海線の沿線より標高が低いこのあたりでは
山林が爽やかな新緑に包まれていました。
(´▽`*)サワヤカ♪

0504.jpg
ちなみに連休中は増発で
臨時の特急列車が運行される中央線。
今回の撮影でいちばんの目的としたのは
その臨時列車に使われる
E257系5000番台の特急「あずさ」で
(上写真)
車体側面の窓まわりに施された緑色のラインは
新緑風景とマッチしそうに思ったのですが
実際に撮ってみたら意外と印象が薄く感じます。
( ̄  ̄*)ニゴナナ

それよりも臨時列車でなく定期列車だけど
E353系の基本編成と付属編成による
特急「かいじ」と「富士回遊」の
併結列車のほうが
その連結面を写し込ませることができて
個人的に画が面白く感じられたので
そちらを今回の「ONE-shot」に選びました。
(・∀・)イイネ
(見た目は12連の「あずさ」といっしょだけどw)



nice!(147)  コメント(21) 

ONE-shot 540 風薫る [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 540 風薫る

0420.jpg
風薫る初夏の候
のどかな田園をのんびりと走る
ローカル線の列車が
その姿を水田に落とします。
植えられた早苗が育つまでの
わずかなひと時に見られる
鏡の世界。
ミズ(・∀・)カガミ

そんな水が張られた田んぼや
まわりの木々の新緑で
初夏という季節感は表れていますが
撮り鉄的に(?)
細かいところを意識すると
列車の側窓が所々で開けられており
こんなところにも
暖房や冷房を必要としない
いまの時期らしさを覚えます。

開いた窓から車内へ入り込むそよ風に
乗客の方たちはきっと
爽やかさを感じたことでしょう。
彡 (ー`*)キモチイイ♪ 彡


▲24.4.20 小湊鐡道 上総鶴舞-上総久保



0425.jpg
0422.jpg
国鉄の時代に製造された
ディーゼルカー(キハ40系)で
昭和レトロな雰囲気の鉄旅が味わえる
小湊鐡道の観光急行列車
(トロッコ列車の代替による臨時運行)。
私が撮影に訪れた日は
白と緑の只見線色(東北地域色)と
タラコ色(国鉄首都圏色)の
コンビでした

(=゚ω゚)ノ゙ヤア

沿線で田植えを進める
農家のお父さんが
ちょっと作業の手をとめて
ひと休みがてら列車を見送ります。
イップク(´’З’)y-┛~~~。o.


0423.jpg
田園の一角に設えた小駅
(上総川間)に
普通列車が入ってくると
待合室からホームへ出てきたのは
4人組の男子。
みんなで仲良くお出かけかな

オデケケ♪(o ̄∇ ̄o)オデケケ♪





おべんと おべんと♪


nice!(164)  コメント(25) 

ONE-shot 539 グランド中央特快! [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 539 グランド中央特快!

1220.jpg
オレンジ色の帯がお馴染みの
中央線の快速電車(E233系)
・・・ですが
よく見るとその編成の真ん中には
“二階建てのグリーン車”がなんと
“4両”も挟まれているでは
ありませんか。
(=゚ω゚=*)ンン!?

これは特別快速を豪華仕様とした
“グランド中央特快” か!?
(゚∀゚)アヒャ☆


0233.jpg
2024年度末以降(2025年?)に
サービス開始を予定している
中央快速線のグリーン車
現在はそれに備えて
グリーン車を連結した編成の“試運転”が
頻繁に行なわれています。
(o ̄∇ ̄o)グリンシャ

実際の営業運転では
12両編成中(分割編成では8両編成中)の
4、5号車がグリーン車となり
編成に組み込まれるのは2両のハズ。
σ(゚・゚*)ンー…

ところがたまに見られて
鉄ちゃんの注目を集めているのが
二編成分となる4両のグリーン車を
ひとつの列車に組み込んで行なう
ちょっと面白い形態の試運転。
今はまだ中央線に二階建て車両が
連結されているだけでも珍しいのに
それが4両も連なる様は
なかなかインパクトがあります。
w(*゚o゚*)wオオー!

そしてこの特異な編成に
撮り鉄系のSNSなどで呼ばれる通称が
“グランド中央特快”。
(゚ー゚*)グランド


かつて東海道・山陽新幹線で
運行していた100系
16両編成の中間に組み込まれた
2両の二階建て車両を
最大の特徴としていましたが
なかには二階建てを
4両とした編成(V編成)も存在し
(グリーン車3両・食堂車1両)
ふつうの「ひかり」と区別するため
それには「グランドひかり」の愛称が
付けられていました。
( ̄。 ̄)ヘー

もちろん
新幹線と中央線ではぜんぜん違いますが
4両の二階建てを組み込んだ編成は
まさに「グランドひかり」を思わせるもので
誰が最初に言ったかわからないけど
“グランド中央特快”とはなんとも
ウマいネーミングだなぁ。
ъ(゚Д゚)ナイス
(ちなみに「中央特快」は
快速より停車駅が少なくて速達性のある
“中央線の特別快速”を表す種別)


ただ、この列車がもしも
試運転じゃなく営業運転で
10両中の4両もグリーン車だったら
おそらく普通車の6両が混雑して
当線を通勤などで日常使いしている
(グリーン車をあまり必要としない)
私のような者からすると
ちょっと困っちゃうかも・・・笑
(。A。)アヒャ☆


▲24.2.20 中央本線 阿佐ケ谷



1209.jpg
既存の中央線用E233系・H56編成
(分割編成の基本側6両)に
新製された4両のグリーン車を組み込んだ
性能確認試運転。
中央線〜山手貨物線〜東海貨物線を経て
豊田と国府津のあいだで行なわれました

( ̄  ̄*)シテン

当該編成が東海道線へ入線したところも
見てみたかったけど
時間の都合により近場の中央線で撮影。
(^_[◎]oパチリ



1228.jpg
0234.jpg
またこちらは
さらにインパクトがある
新製されたグリーン車の輸送シーン
(甲種輸送)。

中央線用グリーン車の輸送列車を私は
一年半前の初回にも撮影をしましたが
そのときは一編成分の2両だけでした。
しかし最近では
安定して増備がすすめられているようで
4編成分の8両を一気に大量輸送。
グランド×2の“ダブルグランド”!?
w( ̄▽ ̄;)wワオッ!

電気機関車が先頭に立って
何両もの二階建て車両を牽く様は
まるで海外の列車みたいな雰囲気ですね。
。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。



nice!(147) 

ONE-shot 538 陽春 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 538 陽春

0412.jpg
薄雲たなびく爽天のもと
線路脇であふれんばかりに
満開となった桜花が
ローカル線の春を麗らかに演出します。
(゚- ゚)ハルウララ


今シーズンの関東の桜は
見ごろを迎えてから
はじめのほうは曇り空が多くて
時に強い雨風にもさらされたものの
満開の状態を保っていた後半には
穏やかな晴天の“お花見日和”も
けっこうあったような印象です。
(o ̄∇ ̄o)オハナミ♪

駄菓子菓子(だがしかし)
私が撮影へと赴いた日は
あまりいいお天気に恵まれず
群馬の上毛電鉄を訪れたこのときも
スッキリとした快晴でなく
雲優勢の空模様。
"o(-ω-;*) クルクモル…

こりゃ今年の桜は
“晴れカット”(晴天条件での撮影)が
一枚も残せないかな・・・なんて
私に諦めムードが漂うなか
σ(・ε・`)ウーン…
30分間隔の列車を何本か粘ったうちの
わずかに一本だけ撮れたのが
雲間からの日差しと
列車の通過するタイミングが合い
背景にもどうにか青空が見える
この一枚です。
(゚∀゚)オッ!


前面上部のカラーリングに
いくつかのバリエーションがある
上毛電鉄の700形。
ほんのひと時の晴れ間にやってきたのは
“おひさま色”の電車(718F)でした

(^_[◎]oパチリ


▲24.4.12 上毛電鉄上毛線 桐生球場前-天王宿




群馬県前橋市の中央前橋と
桐生市の西桐生のあいだを結ぶ
地方私鉄の上毛電気鉄道
その沿線にある桐生の運動公園は
桜の名所として知られています

(・∀・)イイネ

0413.jpg
事前にチェックしてきた天気予報は
“晴れ時々曇り”だったのに
現地に着いてみると雲が多くて
期待ほどの晴天にはならなかったけど

(・∀・`)ウーン…
お目当ての桜並木は
ピークをやや過ぎているものの
まだ満開といっていい状態を保っており
その豪快な咲きっぷりは圧巻でした

(*'∀'*)キレイ

0414.jpg
そして“晴れカット”は
一枚しか残せませんでしたが
後継車となる800形のデビューで
今後の動向が気になる700形
(元・京王井の頭線3000系)を
この桜名所で撮れたことは
個人的に意義があったと思います

(-`ω´-*)ウム
ちなみに新顔の800形は
元・東京メトロ日比谷線の03系
最近は各地の地方私鉄で
当系をよく見かけるようになりましたね
長電とか、熊電とか)

(=゚ω゚)ノ゙ヤア


0416.jpg
西桐生ゆきの下り列車では
タイミングよく日が当たってくれた
オレンジ色の700形(718F)。
それが終点で折り返してきた
中央前橋ゆきの上り列車は
ひらひらと花びらが舞い散るなか
桜を惜しむように
走り抜けてゆきました

+。:.(´ω`)シミジミ.:。+゚


nice!(151)  コメント(29) 

ONE-shot 537 咲麗 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 537 咲麗

0407.jpg
スッキリとした快晴の青空ではないけど
春霞にディフューズされた薄日が
麗らかに咲いた桜を優しく照らします。
(゚- ゚)サクラ

ちなみに麗らかに咲く様子を表した
「咲麗(さきうら)」が
“サクラ”の語源となったという説も
あるのだとか。
(諸説あるなかのひとつ)
( ̄。 ̄)ヘー


そんな桜花をかすめて横切るのは
こちらも“さくら色”が車体に施された
京王線の「サンリオ電車」。
それに乗ってお出かけする
“マイメロちゃん”も
お花見を楽しんでいるようです。
(*’∀’*)オハナミ♪

この電車は沿線にあるテーマパークの
「サンリオピューロランド」
京王線がコラボしたラッピングの編成
(9000系・9731編成)
その車体色はまさに桜とベストマッチ。
(・∀・)イイネ
適度に枝が伐採されているため
少々ボリュームに乏しい桜の木ですが
花が足りない分をピンク色の電車が
補ってくれたでしょうか。
ъ(゚Д゚)ナイス

ところで
サンリオのキャラクターはぶっちゃけ
“キティちゃん”くらいしか知らない
ワタクシ。
σ(゚・゚*)ンー…
この先頭車にデザインされたコのお名前が
“マイメロディ(メロディ)”
だということをググって知りますた。
(o ̄∇ ̄o)マイメロ


▲24.4.7 京王電鉄京王線 柴崎-国領




東京近郊で桜の満開発表があった
4月最初の週末。
雲に覆われた空模様を
“花曇り”なんて粋な言葉で
納得しようと思うものの
やはり微妙な感じ。
σ(・∀・`)ウーン…

0406.jpg
またお天気のみならず
今シーズンの桜は
各地の開花状況が読みづらくて
「ONE-shot」に選んだ京王線や
いつもの定番である西武多摩川線など
ウチの近所で確実に咲いているものを
サクッと眺める程度でした。
【◎】]ω・)パチャ

0405.jpg
それでもやっぱり
桜のお花見に出かけると
春らしい風情に気分が和みます。
(´ー`)マターリ



ONE-shot 536 春の息吹 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 536 春の息吹

0331.jpg
春風そよぐ穏やかな陽気のもと
あたりいっぱいに咲き乱れて
川の土手を黄色く染める菜の花。
(o ̄∇ ̄o)マッキッキ

そのむこうに伸びる鉄橋では
レトロな雰囲気の電車が
その歳を感じさせない(?)
元気な走りっぷりをみせています。
p(`・∇・´)q ゲンキ!


長らく車庫の片隅に留置され
一時は引退(廃車)も囁かれた
昭和38年(1963年)製の
東武鉄道8000系・8111編成。

昨秋に再整備され
野田線(東武アーバンパークライン)にて
“奇跡の復活”を果たした当編成が
定期運用を担う“現役選手”として
花咲く季節を迎えられたことは
きっと喜びもひとしおでしょう。
+。:.(´ω`)シミジミ.:。+゚。


“41歳の春だから〜♪”
なんて歌に聞き覚えがあるけれど
(天才バカボンのエンディングテーマねw)
それより20も年上の
“還暦”を越えたベテラン電車が
若者(2013年製の60000系)に混じって
今シーズンの春を謳歌します。
(゚- ゚)ハル


▲24.3.30 東武野田線 川間-南桜井



0330.jpg
沿線の菜の花の咲き具合
8111編成の運用状況
そして私の個人的な都合など
それらがちょうどウマくかち合った
3月の最終土曜日(3/30)。
ъ(゚Д゚)ナイス
お天気も青空ひろがる快晴に恵まれて
菜の花の織りなす“黄色い絨毯”が
いっそう鮮やかに感じました。
(*’∀’*)ナノハナ♪

復刻色の8111編成を
この情景で撮れたことが嬉しい。
(^_[◎]oパチリ


0333.jpg
そしてこの日の私は
履いていったスニーカーも
春っぽい“菜の花色”のNBをチョイス。
(゚∀゚)アヒャ☆
ビタミンカラーの黄色は
身につけると気分が明るくなります。
(・∀・)イイネ




ONE-shot 535 福空 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 535 福空

7002.jpg
2024年3月16日
金沢から敦賀(つるが)まで
北陸新幹線が延伸開通
ついに福井県へ新幹線がやってきた!
(*゚▽゚)/゚・:*【祝 開業☆彡】*:・゚\(゚▽゚*)


「春に三日の晴れなし」
との諺(ことわざ)がある今の時期
それに加えて
「弁当忘れても傘忘れるな」
とも言われる北陸地方。
(-`ω´-*)ウム

でも今日の福井は
まるで天もお祝いしているような
清々しい快晴となり
青空のキャンバスで披露された
“ブルーインパルス” による記念演舞を
きれいに望めました。
ヽ(´▽`*)ノワーイ♪


隣県の能登半島ではいまも
地震の影響が大きく
多くの被災者が辛い生活を
強いられていますが
新幹線の開業による盛り上がりで
北陸の各地が活気づき
それが少しでも
復興の後押しになることを
切に願うばかりです。



なお今回の「ONE-shot」は
列車(鉄道車両)でなく
飛行機(ブルーインパルス)ですが
あくまでも個人的には
“福井駅”を意識した撮影なので
いちおうこれも
拙ブログのメインテーマである
“鉄道写真”とさせていただきまし
た。
(^^*)ゞポリポリ


▲24.3.16 ハピラインふくい 福井




7003.jpg
北陸新幹線の開業記念で
福井の空を華麗に舞った
航空自衛隊の「ブルーインパルス」。
(*゚▽゚)サクラ!
新幹線と絡めることはできなかったけど
福井というご当地らしさを表したくて
駅前にいる恐竜(のモニュメント)との
コラボを狙ってみました。
(^_[◎]oパチリ


0700.jpg
出発式が行われた
記念すべき一番列車ではありませんが
私も開業の初日にさっそく
東京から敦賀まで北陸新幹線に乗車。
バビューン!!-=≡Σ(((⊃゚∀゚)つ

その模様はまたあらためて
撮影記(旅行記)形式で
お伝えできればと思っています。



ONE-shot 534 アラレちゃん [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 534 アラレちゃん

2300.jpg
最近のマンガやアニメには
とんと疎い私ですが
世代的に鳥山明先生の訃報は
そのニュースをネットで知って
思わず「えっ!?」と
PCの前で声を漏らしてしまうほど
衝撃を受けました。
Σ(゚ω゚lll)エエッ!?

子供のころ
幼少より鉄道にしか興味のなかった私が
初めてハマった漫画が
友人とまわし読みした“少年ジャンプ”の
「Dr.スランプ」。

鳥山作品の代表作といえば
「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」
を挙げるかたも
多いのではないかと思われますが
どちらかというと
争いごとがあまり好きではない私は
バトルものの「ドラゴンボール」より
コミカルな「Dr.スランプ」のほうが
個人的に好きで
“鳥山ワールド”ならではの
テンポのよいストーリー展開と
個性的な楽しいキャラクターたちに
魅了されたものです。
(*゚v゚*)ワクワク♪


(DBも悟空が少年時代だった初期のころ
二回目の武道会くらいまでがよかったな
・・・などといいつつ
いちおうほぼ全編を読んでいますがw)


2301.jpg
そんな「Dr.スランプ」の主役である
メガネっ子の“アラレちゃん”が
デザイン(部分ラッピング)された
山手線のE231系。
(゚ー゚*)ホヨヨ

これは今から18年も前の
2006年に撮ったもので
たしかDVDボックスの発売に合わせた
車体広告だったかと
記憶しています。

鉄ちゃんの私としては
車両への派手な広告ラッピングを
あまり好まないけど
この“アラレちゃん電車”には
ハマっていたころを思いださせる
懐かしさと
編成の先頭車で “キーン!”
中間車に “んちゃ!”(こんにちは)
最後尾が “バイちゃ!”(バイバイ)
という“アラレ語”による流れの
凝った遊び心に面白さを感じて
撮影へと赴きました。
(^_[◎]oパチリ

これが走っていたときには
私だけでなくきっと同世代の方たちも
つい目で追ってしまうような
楽しい電車だったのではないでしょうか。
(*’∀’*)アラレチャソ♪


2302.jpg
たいして詳しいわけでなく
浅めではあるけれど
私も作品のファンの一人として
鳥山明先生のご冥福を
お祈りいたします。
心に残る数々の名作、名場面を
ありがとうございました。
バイチャ!(´;ω;)ノ~~~


▲06.11.27 山手線 新大久保-高田馬場




そしてもうおひとかた
アニメ「ちびまるこちゃん」で
まる子役の声優だった
TARAKOさんも旅立たれたとのこと。
謹んでお悔やみ申し上げます。

0035.jpg
TARAKOさんといえば
拙ブログで昨年にご紹介した
静岡鉄道の“ちびまる子ちゃん電車”の
車内放送が印象に残っています。
(´ω`)マルコ…



ONE-shot 533 華麗な共演 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 533 華麗な共演

0302.jpg
水戸の偕楽園(かいらくえん)
言わずと知れた全国屈指の梅の名所。
今シーズンも園内では
色とりどりの梅花が咲き誇り
春の訪れを告げています。
(*'∀'*)ウメ♪

その見ごろに合わせて
観梅をツアーのコースに組み込み
東日本の旬コース
久しぶりに常磐線にて運行されたのが
プレミアムクルーズトレインの
「TRAIN SUITE 四季島」
(゚∀゚*)オオッ!

梅まつりが催されていた
偕楽園の園内からは
満開となった白梅や紅梅とともに
艶やかな晴れ着を纏った
“水戸の梅大使さん”
走りゆく「四季島」に手を振られて
いっそう華やかなお出迎えとなりました。
ヾ(*´∀`*)ノワーイ♪


ところでこのシーン
「偕楽園の園内からみんなで一緒に
四季島をお見送りしましょう!」
・・・的なイベントのように
見えるかもしれませんが
実はここでの
「四季島」と“梅大使さん”のコラボは
まったくの偶然によるもの。
(-`ω´-*)ウム

というのも
この日の「四季島」の運行スケジュールは
都心の上野を出発すると常磐線を下り
まずは偕楽園(臨時駅)をいったん通過して
水戸の先の日立に向かいます。
ヒタチ…((((o* ̄-)o
そのあと日立から戻るかたちの
上り列車となり
ツアー客は14時過ぎに偕楽園へ到着
(偕楽園には上りホームがないため
隣駅の赤塚にて下り線へ折り返す)。
イッタリo(゚д゚o≡o゚д゚)oキタリ

その到着時刻は14時14分と
これはあらかじめ公表されていました
はじめに上野から日立へ向かう際に
偕楽園を“通過”するほうの時刻は
情弱な私にはさっぱりわからず
適当に時間の目安を付けて待つしか
ありませんでした。
σ(゚・゚*)ンー…

そして「四季島」が
上野を9時40分に発車してから
およそ一時間半が経ち
そろそろ来てもいい頃なのに
なかなかやってこず
園内の梅と列車を絡められる所
待機していた私が
痺れを切らし始めたとき
マダァ?(・Д・)っ/凵 ⌒☆チンチン
たまたま横の散策路を通りかかったのが
園内を巡回して記念撮影などに応じていた
“水戸の梅大使さん”です。
(*’∀’*)コンニチハ♪

そのお姿に軽く会釈して見送った直後
ミュージックホーンを高らかに
鳴らしながら現れたのが
独特なオーラを放つ
“シャンパンゴールド”の列車!
(*゚ロ゚)ハッ!


四季島
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

それを数メートルほど先で眺めていた
“梅大使さん”のあとを急いで追って
どうにか「四季島」と合わせてパチリ。
パシャ☆(*≧∀ノ[◎]ゝ
なんとも奇跡的なタイミングの
“超ラッキー”に恵まれ
これぞ春の偕楽園といった風情で
「四季島」を記録できました。
ъ(゚Д゚)ナイス

なお
お付きの方(?)に訊いてみたら
“梅大使さん”は
到着のお出迎えや出発のお見送りを
駅で行なうけれど
この時間に通過する「四季島」のことは
知らなかったらしい。
(・・?)ハテ
?

あらかじめこう撮りたいと
狙ったものでなく
こんな偶然があるものなんだなぁ・・・。
(゚∀゚)アヒャ☆


▲24.3.2 常磐線 赤塚-偕楽園(臨)
(後追い




0301.jpg
偕楽園の梅花が見ごろとなる時期の
「水戸の梅まつり」にあわせて
年に数日だけ開設される
常磐線の偕楽園臨時駅。
当駅に「四季島」が停車するのは
2019年以来となる
5年ぶりだそうです。
(常磐線の全線を
営業運転で走破したのは
今回が初)
(゚ー゚*)シキシマ

0303.jpg
0304.jpg
0305.jpg
そのホームでは
“水戸の梅大使さん”による
公式の(?)お出迎えとお見送りが
行なわれました。
(*'∀'*)オモテナシ
せっかくなので
きょうの流れからこちらでも
お邪魔にならぬ範囲で
撮影させていただきました。
(^_[◎]oパチリ

ちなみに白い制服の方はおそらく
水戸の駅長さんではないかと
思われます。
キリッ!(*`・ω・)ゞ

0306.jpg
0307.jpg
幾度もの撮影に
素敵な笑顔で快く応じていただいた
“水戸の梅大使さん”
ありがとうございました。
アリガ㌧<(_ _*)>







☆オマケの “フレッシュ” ★


ONE-shot 532 “銀つば” [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 532銀つば”

1212.jpg
壮観に広がる海原や
雄大に連なる山々など
自然豊かな風景のなかを走りゆく列車と
そこで望める車窓からの眺めには
味わい深い旅情が感じられるけど
(・∀・)イイネ
長距離列車が都会の終着駅へと

滑り込む情景もまた
鉄道の持つ趣きがあると思います。
(´ω`)シミジミ

東北は山形から上京してきた
新幹線「つばさ」が
まもなく終点の東京に到着。
(・ω・)トウチャコ


現行の山形新幹線で使われている
E3系(1000番台・2000番台)
およびその後継車として
今春にデビューするE8系はともに
オシドリをイメージした紫色や
紅花のオレンジ色
蔵王連山の雪景色の白といった
山形にゆかりのあるものを
カラーリングのモチーフとしていますが
( ̄∇ ̄)ナスビ?
新幹線と在来線を一本の列車で直通する
(新在直通方式)
いわゆる“ミニ新幹線”の第一号として
山形新幹線が開業(1992年)した当初は
そこに大きな飛躍と期待感を抱かせる
前進的な未来の高速列車イメージとして
初代の車両(400系)
銀色の“シルバーメタリック”を採用。
当時の新幹線にとって
(東北新幹線がまだ200系のみだった時代)
それはとても斬新なものでした。
w(*゚o゚*)wオオーッ!


そんな山形新幹線の旧塗装である
“シルバーメタリック”を現代に再現した
復刻色のE3系・L65編成。
一本のみの存在である当編成は
ファンから「銀色のつばさ号」を意味する
“銀つば”の呼び名で親しまれています。
(o ̄∇ ̄o)ギンツバ

山形への郷愁と旅情を表した現行色に対し
未来への期待感が込められていたという
メタリックのクールな新幹線。
東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸と
各新幹線のさまざまな形式が見られる
この場所(東京駅界隈)ですが
都会の夜景にいちばん似合うのは
この“銀つば”かもしれない。
。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。


▲24.2.18 東北新幹線 東京-上野(後追い)



まったく関係ないけど
記事の作成で
“銀つば” “銀つば”って
呟いていたら
無性に和菓子の“きんつば”が
食べたくなったなぁ・・・笑
(゚¬゚〃)キンツバ…



前の10件 | - PICK UP ONE-shot ブログトップ